繋留流産からの妊娠、子育てブログ

2016年9月に妊娠発覚し11月に繋留流産にて手術をしました。その時のことも書いておきます。どなたか今も不安な方の助けに少しでもなれば。

36週、臨月に入りました。

長がったー!ようで短かったー!

やっと10ヶ月かぁ🐥☘️㊗️

 

 

 

もう早産とはいえ出てきても大丈夫だな〜

と思えるようになりました😊

検診で赤ちゃんは2010gから2160gに増えていました🐥✨

日々大きくなっています。

10日ほどで150g増えています。

腹囲も88cmになっていました。

 

 

 

ただし、やはり小さめなので積極的に歩いたりせず、赤ちゃんに血液が行くよう安静気味にしててね、とDrから指示されました😅

 

 

 

低体重のリスクについても説明がありました。

『今、推定2160gなので大丈夫だとは思うけれど、2200g以下で産まれてきて、元気がないとなるとNICU管理が必要になることもあります。小さくても元気ならうちで最大限みます。』とのこと。個人の産院なので、転院も示唆されました。

 

 

 

また『赤ちゃんは居心地が悪くなってくると出てきます😊いつ出てくるか予測は出来ません。出てきたいのを小さいからって止めません。お母さんの努力で出産を止める事は出来ませんが、とりあえず2500gを目指してもう少しお腹に居てもらえるようゆったり過ごして居て下さい😊』とのこと。

 

 

 

36wの検診の日、分娩も手術予約もなかったからか、ゆったり色々話して教えてくれました。

赤ちゃんが居心地が悪くなったら出てくる、それが出産。なんて神秘的な話だなぁ😊と思いました。愛のある良い先生です。

 

 

 

あ、この産院NSTは出産までしないそうなのですが、赤ちゃんが小さいため次から毎回するのだそう😱ショック!NSTは30〜40分かかるので、送り迎えをしてもらい尚且つ終わるまで母を待たせている身としては申し訳無さすぎて💦赤ちゃんが第一なんで仕方ないのですけどね💦

 

 

 

 

最後になるであろう臨月マイナートラブルです。

 

 

 

胃もたれ→32週から後期の胃もたれが出現しましたが、34週あたりで随分マシになりました。食欲もあるし、吐いたりしないし、むしろよくお腹が空く事!!好きなもの食べて間食もしています😋

 

 

 

頻尿→33週あたりから子宮の膀胱圧迫で頻尿です😓これは産むまでどうにもならなさそうですね。1日20回くらいかなぁ💧夜間も3〜4回は起きてしまいます。赤ちゃんが頭で膀胱ぐりぐりしてても行きたくなりますし💧仕方がないです。

 

 

 

便秘→これもどうにもならないなぁ💧23週から出なくなり、今も下剤が手放せません。後期に入って下剤に対する反応も悪くなり、少し量も増やし気味にしています。下剤の力を借りて1日1回出しています。

 

 

 

右肋骨の痛み→これも子宮が大きくなっているためだと思われます😓30〜32週、腎臓圧迫で右季肋部が痛かったのですが、それがおさまってきたと思ったら、35週以降さらに上の肋骨痛が出てきました💦でも!!腎臓の内臓痛に比べたら肋骨の痛みなんて全然マシ!!😭

例えるなら右肋骨部分に握りこぶし大の青アザができていて、寝たりするとそこがズキーンと痛む感じです。そこ青アザあるから触らないでー!って感じです。なので右下は避けて寝ています。

 

 

 

メジャーな腰痛やむくみはなく、助かっています😭あと恥骨痛や股関節、尾骨の痛みもそんなになく・・

 

 

 

いつなるんだろうと思っていたガニ股の妊婦さん歩きも結局出現することなく終わりそうです。普通にスタスタ歩けます。骨盤の形なんでしょうか。

 

 

 

 こう書き出してみると、つわりがあった初期や全身カユカユだった初期・中期の方が辛かったなぁ😭今の方が身体は楽✨そして実家快適!

 

 

 

強いて言うなら、寝るのが辛いです😓

座ってたり、立っている時の方が体勢的に楽なんです。

 

 

 

横になると、鼻は詰まって口呼吸になるし、動悸や息切れはするし、体勢は定まらないし、右肋骨は痛いしで。寝るのが苦痛かな。トイレにすぐ起きますし😅

 

 

 

昼寝して誤魔化してます☘️

あともうちょっと。

がんばろ〜