繋留流産からの妊娠ブログ

2016年9月に妊娠発覚し11月に繋留流産にて手術をしました。その時のことも書いておきます。どなたか今も不安な方の助けに少しでもなれば。

10w2dの茶オリ。

7月半ば仕事復帰しました。

相変わらず病棟は猛烈な忙しさ・・・

昼にはもう茶オリ出現。

げんなりしてしまいました。

 

 

目が回るような忙しさに

お腹が張ったような

痛いような

持続的に違和感があるような

嫌な感じがしました。

 

 

 

同じ妊婦さんに相談すると、初期にそんなおりものなかったよ、と言われますます不安に。

 

 

 

仕事のあと急いで受診しました。

生きた心地がしません。

予約してないので、待ち時間も長いです。

良からぬことをたくさん考えてしまいます。

また切迫の診断で仕事出来ないのだろうかとか、心拍止まってたらとか。

診察台はいつも処刑台みたいに感じます。

 

 

 

結果的にエコーで赤ちゃんは元気でした。

こちらの心配をよそに、起きてたのか手足をものすごい勢いでパタパタくねくねさせて踊ってました。

 

 

 

正直。

きーさーまー!!( ´△`)と思いました。

ものすごい心配したのに呑気に踊りがって!(言葉悪くてごめんなさい)と一瞬思いましたがあまりに可愛くて、そして安心して笑いがこみ上げました。あの踊りと見た時の温かい気持ち一生忘れないと思います。

 

 

 

先生も赤ちゃん見て『あはは、元気だね〜』と笑ってました。もう無事ならそれだけで良いです。大きさも31mmまで大きくなっていました。

 

 

 

5週から毎日のように『今日は大丈夫?』と様子伺いの母からLineがきます。

『あたなが仕事をすると心配でかなわない。』

『毎日心配して胃に穴が空きます。』

『お願いだから家でじーっとしてて!』

『出掛けないで!』

とのことです。遠方なので、顔が見れないぶん余計に心配してくれているようです。

 

 

 

前回流産時8wで茶オリがあったので心配でしたが、今回は赤ちゃん元気そうなので少量なら仕事をしても大丈夫そうです。

「茶オリじゃもう来ません!」となぜか先生に宣言して帰って来ました。